×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






ライラックが薫るとき

ゲイルは夫ルイスを亡くして以来、生きる気力を失っていた。
けれど、悲しみに沈んだまま一生を送るわけにはいかない。
悩んだすえゲイルは、夫との幸せな思い出に満ちた家を売り「人生の新たなスタートをしよう」と決意した。
義理の息子の友人が、買い手として名乗りをあげてくれた。
だが、家の下見に現れた男は、ゲイルの期待を完全に裏切っていた。
長身から危険な香りを漂わせ、彼は値踏みするようにゲイルをじっと見つめている。
ゲイルは警戒心をみなぎらせた。
こんな人にこの家は渡せない!キットはここ数か月、正体不明の脅迫状に怯えていた。
そんな時、姉に気分転換になるとバレエ公演に誘われるが、なんと購入したパンフレットにはさみ込まれた脅迫状を見つけてしまう!! 恐怖も限界に達したキットは、突発的に舞台裏に駆け込み、目の前にあったバレエの白鳥の衣裳を着てそのまま家出してしまった。
白鳥の姿のまま、彷徨っていたところを美しい医師ジャロッドに助けられ、数か月ぶりに安らかな眠りについた彼女はやがて恋に落ちるが…?ナイトクラブで1人鬱々とグラスを傾けていたファーガスの前に、黒髪で青い瞳のとびきりの美女が現れた。
彼女、クロエはファーガスが売れっ子小説家であることをなぜか知っていて、さりげなく質問を投げかけてくる。
僕の追っかけか? それともレポーター? あやしむうちに酔いのまわったファーガスの記憶はやがて途切れた。
翌朝、自分のベッドで目覚めると、横には彼女が! しかし、こんな美女とベッドをともにしたというのに、ファーガスは何も覚えていなくて…!?関口将太は一流の寿司職人を目指し、東京の名店・鳳寿司で働く18歳。
まだ寿司は握らせてもらえない。
ある日、中退した高校の同級生、藤原美智子が店の常連である父とともにやってきた。
ほのかな恋心を寄せる将太。
しかし美智子は、高校卒業とともに結婚するという。
彼女に最高の寿司をプレゼントするため、猛特訓の末、究極の「型」をマスターする将太。
将太の寿司職人としての人生が始まった。
東京の名店・鳳寿司で修業中の将太。
職場では、大政、小政と呼ばれる兄弟子たちにしごかれる毎日だ。
ある日、店のお得意様が、大政に独立の話を持ちかける。
今年の全日本寿司技術コンクールに優勝すれば、店を出してやるというのだ。
将太を助手としてコンクールに挑む大政。
勝負のポイントはマグロ。
そんな二人の前に、マグロの目利きに関して超一流の「シビの兆二」が立ちはだかる!! 勝負の行方は!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022673