×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぎさMe公認(18)に興味を持ってみた

.

記事本文


なぎさMe公認(18)

日本選手権に出場したなぎさ。
そこで、同じレースの出場者、鷹木と知り合う。
その娘・みすずは、なぎさに敵意をむき出しにして、お母さんを抜かさないようにと訴える。
母親の勝利を信じるみすずを見たなぎさは、自分の幼いころを思い出して、思いきり走ることができない。
その後も抜かれ続け、順位を下げるなぎさに、あらんかぎりの声を上げて応援する雅斗だが…。
 ぼくたちの季節はいつまでも終わらない――お嬢さま高校に通う小早川志緒は16歳。
演技派俳優と美人女優を親に持つ、はかなげな美少女ぶりは、皆のあこがれの的だ。
今日も学校で、そんな彼女のポケベルが鳴る。
貧血を装って早退した志緒が駆けつけたのは、とある怪しげなプロダクション。
彼女のアルバイトは、その天才的な演技力を生かした“プライベートアクトレス”。
つまり、個人的に依頼された人間を演じるという、ちょっとアブナイ仕事なのだ。
プライベートアクトレスの志緒。
個人的依頼を受け、希望される役を演じるのがその仕事だ。
今回の役は花嫁。
依頼人・松村宏伸は、病気になった母を安心させるため、擬装結婚したいというのだ。
ところがその母親というのは、大女優の松村春子だった! さすがの志緒も緊張気味。
2人は松村邸に挨拶にいくが、春子はどうも花嫁を歓迎していない雰囲気…。
プライベートアクトレスの志緒。
今回の依頼人は、同じ高校の伊藤杏子。
彼女は文通相手とコンサートの約束をしていたのに、病気で倒れてしまったのだ。
手術後の命に自信がない杏子は、身代りにと、チケットを志緒に託す。
ところが当日、志緒がいくら待っても相手の杉浦海人が現れない。
憤慨した志緒は、住所を頼りに海人の元に押しかけた。
ところが彼は、そんな文通に覚えがないという。
プライベートアクトレスの志緒。
今度の仕事は友人のいない女性の親友役。
上京してくる両親に“しっかりした親友”を見せたいというものだ。
依頼人と会って、志緒はびっくり。
最近志緒のマンションの隣の部屋に越してきた、態度の悪い女性だったのだ。
おまけに彼女が来てから、志緒の捨てたゴミが荒らされたり、イタズラ電話されたりと気味の悪いことばかり。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013536



Copyright (c) なぎさMe公認(18)に興味を持ってみたAll rights Reserved.