×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ダメおやじ(1)

ダメおやじ(1)

やられっぱなしのダメおやじは、「オニババア!!、クソタレダコーッ!!、ヒスおんなーっ!!」と叫ぶ。
イビられ続けても懲りないダメおやじは一本ビシッと筋が通っている? おもしろさ抜群のブラックギャグ集大成! 古谷三敏の代表作、全39巻。
第1巻は30話収録。
洗濯機に投げ込まれ、絞られ、アイロンをかけられたダメおやじ。
ついに気が狂ってしまったのか?完全に犬のようになってしまった。
オニババたちは、さすがに心配するのだが、ダメおやじの芝居だった。
その時、オニババたちの更なる攻撃が! 強烈なギャグの連発にあなたはついて行けるか! 18話収録。
「ダメおやじ」の1話は、ページ数は少ないですがとても読み応えがあります。
1コマ1コマをよく見ると、登場人物たちの表情、動き、アングル、小道具など、実に巧みに描かれています。
 さて、第3巻では、同僚の給料袋を拾ってひどい目にあうダメおやじなど、15話収録。
ひょんなことから動物園に行ったダメおやじ一家。
「サルでさえあたたかい愛情があるのか・・・」としみじみ思うダメおやじ。
一方、オニババはゴリラに間違われて怒る。
タコ坊は喜び、ヒスオンナはほくそえむ。
 傑作ギャグの連発に、思わず腹もよじれる! 20話収録。
二度とオニババやタコ坊の顔を見ないですむ。
急に会社をやめた山田が教えてくれた。
区役所通りの裏にある赤い屋根のおでん屋で、チクワ五本をたのみ2万円を払えば、エルドラド行きのキップがもらえる!? 17話収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005498