×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

何度でもやり直せる

人間とは、強くて弱い生きもの。
長い人生の中で、自信がなくなって落ち込んでしまったり、前に進めなくなった時に読みたい1冊。
進学補習教室・ブルガン塾を開く著者の励ましのメッセージ。
教育現場の荒廃や家庭内の対話不足が問題とされる世相にあって、塾長として若い人々の悩みに対峙している著者が、いつもながらの飾らない言葉と力強い絵で、誠実に生きることの大切さを教える。
オレは疲れきっていた。
丸62時間寝ていないのだ。
マンガの原稿を締め切りまで描き通しだったある日の午後。
底なし沼のような睡魔に飲み込まれる寸前、オレは見た。
遥か彼方の地平からやってくる黒い姿…あれは死神!? そしてオレは…。
表題作「死神交換イタシマス」を含めた8作を収録した、福山庸治の傑作短編集!全く同じ姿の女性ばかりが働くオフィスで、仕事が発生した場合。
上下さかさまに映る鏡があったら。
なんでも無言で拝借してばかりのアパートの隣の住人。
全体が傾いている家屋に住む家族…なにげなく、それでいて荒唐無稽な状況がめまぐるしく錯綜し、そしていつしか不条理の世界へ誘われてしまう、福山庸治の連作短編集!車を発車させた後気づいた。
ドライヤーの電源がつけっぱなしだった! あわてて戻ろうと車から降りた後気づいた。
車と家の鍵を車内に置きっぱなしだった! ガラスを割ってドアを開けようとして気づいた。
サイドブレーキかけ忘れて、車が動き出した!…傑作ドタバタ短編の表題作を含め6作を収録した、福山庸治の傑作選!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60012128