×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



女医レイカ(4)

献身的な看護で「病棟のナイチンゲール」とよばれる女性。
ナースコールの響く中、彼女の身体が突然動かなくなった…(「白衣のアンナ」)。
大事な局面ほどパットが入らないプロゴルファーにレイカが行った治療は…(「イップスの克服」)他を収録。
ロックアーティストへの熱狂的な想いが妄想へと変わり、やがて少女をある犯罪へと駆り立てていく…(「妄想のクレランボー」)。
ためらいなく患者へガンの告知をしていた医師が、自らもガンに冒され…(「癌の恐怖症」)他を収録。
赤いハイヒールを履いた女性ばかりを狙った殺人事件が続発。
必ずハイヒールの片方を持ち去る犯人のプロファイリングを頼まれたレイカを、衝撃の真実が待ち受けていた…(「殺意のハイヒール」)他を収録。
登校拒否の少年が唯一心を開いて話しかける「ギーモ」と呼ばれるペット。
しかしそれは彼にしか見えない空想上のペットだった…(「心の窓」)。
高校時代の友人たちと再会したレイカ。
彼らはそれぞれ問題を抱えていた…(「青春のアルバム」)他を収録。
レイカの元へ来た躁うつ病の女性と、連続する放火との関係は!?(「魔性の炎」)。
幸せな夫婦へ向けられた家政婦の憎悪。
その陰うつな炎は次第にエスカレートしていき…(「砂上の楼閣」)他を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006705