×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鉄人ガンマ(7)

ハワイに来たガンマとオシリーナ。
ガンマの母のまたいとこ・ジローと奥さんのパパイヤ姫の仲を復元するため、一肌脱ぐガンマたち。
ジローの危機を救ううち、ブリーフメンとしてワイキキのスーパースターにもなったガンマ。
なのに、帰国後は元のさえない中年男のまんま。
自分を変えたいガンマのジレンマは、今日も続く!ガンマの半生はどこを見てもおげれつだらけ。
三流大学生だったあのころ、滝のような放尿をする馬の上で顔を赤らめていた野際香世さんになぜか激しく興奮した。
その後またたく間にヤリヤリの女子大生へと変貌した香世さんはノーパン喫茶でバイトを始める。
不純と純粋の狭間で悶えるガンマは彼女の仕事を辞めさせようと両手いっぱいのすずらんを求め、夜の街を駆け回る!!鬼の人事考課部長・西郷さんへの根回し接待の席でも道化になりきれないガンマ。
宴会にはむいていない。
上司の理不尽な要求に、生まれて初めてNOと言い、なぜか口をついて出たのは「腕ズモウ」。
見事考課部長の腕をへし折ったガンマはもうすぐふたごの父になる。
ああ愛しのオシリーナ、家族のためなら私は土下座もできる!!ガンマは業績最悪の「コーダ」新所沢店にチャレンジ部長として栄転(!?)。
着任早々、「香り大作戦」の統括責任者を押し付けられてしまった。
人の上にたつ立場に、持病の過敏性大腸症候群の発作が襲う。
しかし私は負けない! 私は変わりたい! がんばる人間だけが変われるのだ!! 丸麻(ガンマ)照男、分別盛りの41歳。
自分の力を信じたい!!ザクロは血の味……。
鬼子母神が人の子を食らわぬよう、赤い果実を捧げましょう。
子供を食い殺す鬼子母神を祭った神社に捨てられていた籠女。
幼い頃から自分には分身がいると信じる彼女は、それを解くカギが鬼子母神にあると悟る。
そして籠女が神社の扉を開けたとき、山間の村は血の色に染まった! ザクロが赤く熟れ、沼の水が赤く染まる時、血を求めて鬼が騒ぐ。
静かな山間の小さな村を恐怖に巻き込んだ事件、鬼子母神伝説と童謡「かごめかごめ」からヒントを得た異色野心作。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013633