×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

汗かき(汗っかき)を治す方法

 
汗かき(汗っかき)を治す方法です。 



私は、小さいころから汗っかきでした。

朝起きると寝間着がびっしょりになることもかなりありましたし
特に緊張をすると手の平が、汗でびっしょりになっていました。

でも、ただ周りよりも汗をかきやすいだけだと思っていました。
それに年齢が上がれば汗もおさまっていくと簡単に考えていました。

しかし、それほど簡単な話ではなくて
年齢を重ねても汗は一向におさまらないばかりか
徐々にひどくなっていきました…。

テレビや本などで調べてはじめてわかったのですが
私は重度の多汗症(汗かき(汗っかき))だったのです。
たかが、多汗症(汗かき(汗っかき))と周り思われてしまうこともしばしば…
でも、本人は真剣に悩んでいたんです。

自分だけ、異常な量の汗が出てしまい
ハンカチ、タオルは冬でも手放せませんでしたし
何よりも恥ずかしくて仕方がないのです。

外出することも減っていきました…。
もちろん友人も減っていきました…。
汗がまったく止まらない!

どうしても多汗症(汗かき(汗っかき))を改善したいという気持ちが強く
コンビニやドラッグストアで売っている制汗剤やデオドラントスプレーはすべて試しました。

インターネットで偶然見つけた、多汗症(汗かき(汗っかき))解消グッズなんかもたくさん買いました。
でも、一向に汗がおさまらないどころかひどくなっていきました。

まったく、効果なし…

一時的には汗が止まる場合もありましたが
長続きしてくれるものはなくて
特に緊張すると大量の汗をかいてしまうので
緊張した時こそ、汗を止めたかったのですが
そういう時には何をやっても汗が止まりませんでした。

「市販品で治らないなら病院へ行けばよいだけの話では…?」

はじめから、専門家に見てもらえばよかったのですが
汗をおさえる程度のもので病院へ行ってもバカにされてしまうと思い
ずっといけませんでした。

でも、そんなことは言っていられません!
すぐに病院へ行きました。

何科で診察してもらえばよいのか不明でしたが
とりあえず、汗が出る部分が原因だと考えて皮膚科に行きました。
そこで言われた一言は…

「体質ですね…。水分の取り過ぎかもしれません…。」

体質なのはわかってます…。
水分は元々気にしてあまりとらないようにしているのですが…。

途方に暮れている時、友人にあることを教えてもらいました。
多汗症(汗かき(汗っかき))専門の医療機関があるというのです。
多汗症(汗かき(汗っかき))の専門病院があることに正直驚きました!

偶然、それほど遠くはなかったので
すぐに電話をして診察を受けにいきました。

紹介状や予約を入れたわけではないので
2〜3時間は待ったと思いますが
これで長年の悩みである多汗症(汗かき(汗っかき))を治す方法があるなら期待していました。

でも、多汗症(汗かき(汗っかき))専門医に言われた内容は…

「手術で部分的に汗をおさえることは可能です。
 ですが、違う場所の汗が増えますがよろしいですか?」

え!
ど、どういうことですか…?

ある部分の汗をおさえる代わりに違う場所の汗が増えるのでは
はっきりいって意味がないのでは…

この時、はっきりと理解しました。
私の多汗症(汗かき(汗っかき))を治す方法はないと。
相変わらず、季節を問わずタオルの欠かせない生活をしていました。
夏場は特に汗がすごいので白い服はなるべくさけて
黒や茶色といった服を着ていました。

白い服は汗によって黄色いしみができてしまうので
すぐに着れなくなってしまうからです。
靴も汗が多いのですぐに臭いが出てしまいます。

ホントにこんな生活はイヤだと思っていました。
拭けば拭くほど汗が出てきて止まらない…
制汗剤やデオドラントスプレーも使いすぎると皮膚が炎症を起こす…

最初は、自律神経コントロールのようなトレーニングを行っていたのですが
ここに大きな失敗の原因があったのです。

自律神経の訓練だけでは多汗症(汗かき(汗っかき))は治らない!
制汗剤やデオドラントスプレーも一時しのぎにすぎない!
多汗症(汗かき(汗っかき))をなおすには、根本的な原因をみつけて改善する意外ない!

そんな中、あることが頭をよぎりました。

汗が出るのは頭の中で暑いと考えているだけかもしれない
脳に暑くないと思わせれば汗がおさまるかもしれないと考えました。

ここで、ひらめいた方法を2週間試してみたところ
特に緊張状態での多汗症(汗かき(汗っかき))がおさまっていったのです。

通常の状態でも汗の量が徐々に減っていきました。
最初に足の裏の汗の量がうそのように激減しはじめて
次に、手汗、脇汗、頭皮の汗の順番で多汗症(汗かき(汗っかき))が改善されていきました。

多汗症(汗かき(汗っかき))改善に成功した瞬間でした!

多汗症(汗かき(汗っかき))ではない、さらさらした肌の毎日がこれほど快適なものだと思いませんでした。
違い方法などをさらに組み合わせて効果的な多汗症(汗かき(汗っかき))の原因を改善した結果

60日後には、多汗症(汗かき(汗っかき))がすっかりと治ってしまい
さらには体臭さえも改善されてしまったのです!

すごい驚きましたし
本当にうれしかったです。

こんな古典的で単純な方法で多汗症(汗かき(汗っかき))を治す方法とは思ってもいませんでした。
ほとんど、無理やりな方法を使わなくては多汗症(汗かき(汗っかき))を原因から治すのは
無理だと考えていたからです。

体に害のない安全な方法で多汗症(汗かき(汗っかき))を治す方法が意外だったのです。




・・、実は多汗症は自律神経から生じるものがほとんどです。
そして、自律神経は精神面と深く関係しています。

トラウマなんかもそうですね。

私もこの弱さというか事実から何年も逃げてきました・・

・・なので根本的に改善する方法は実は身近(つまり自分)にあるのです。


私は、電子書籍に書いていることを実践してみて半年で完治しました。
正確に言うと、3ヶ月で気にならない程度になり、5ヶ月目からほとんど手汗がでなくなりました。
何年と悩んでる方も一度だまされたと思って、試してみることを強くオススメします。


↓私が試した自宅で多汗症を解消する電子ブックです。
すぐにダウンロードして読めます。

>>手汗治療プログラム(SCM)〜手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法〜



最初は値段が結構高いと思い、悩みましたが、病院での治療費や手術(しないほうがいいですが)
を考えている方は、トータルではぜんぜん安い費用だとおもいますよ。





1